鳶求人、鳶横浜、鳶横浜求人、鳶転職、鳶仕事、鳶職、鳶職人、建設、とび、鳶、とび職、鳶職 鳶に関する総合情報発信サイトトビコン

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。鳶工事・鉄骨・足場工事のスペシャリストいつでも募集中

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

横浜で鳶職求人を探すならトビコン 横浜で一番の鳶職求人 横浜鳶職求人ならトビコン

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

鳶職人の求人ならトビコン 鳶の転職サポートも協力会社と提携し、鳶職人転職希望者にとってより良い条件で随時募集しております。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、「とび職」がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

鳶職 鳶職の一般的なイメージとは

鳶職のイメージは高い所で作業をする仕事であったり、命を落とす危険のある仕事といったイメージがあるのではないでしょうか。 上記の様なイメージばかりが先行してしまい、実際はどのような仕事をしてるのかは、ほとんど知られていません。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職人とは建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。鳶職人は必ず見習いから始まります。

建設現場の中心で「両親への感謝」を叫ぶ

 

春が近づき(いやもう春?)、有線つければ、「春ソング」で溢れるかえる

今日この頃で、「心機一転新たにがんばろう!」って気持ちで現場に入っています。

あ!、自己紹介が遅れました。上京1年目の職人です。身長は低いほうで顔は普通。結論普通です。

初めてブログ更新します

バリバリ個人目線ブログで恐縮なんですが、どうしても書きたくなったので記録したいと思い、ブログを書いています。

 

 

 

建設現場でこんな状況よくあるんですよ。特に背丈の無い自分の場合は、、、、

 

 

 

自分がよく経験する建設現場の一コマ

 

 

 

 

「どういう状況?」と言えば、「つま先と指先に神経、狂気集中」で、つま先も指先も「ピクピク」な状況なわけです。

 

2度目ですが、身長が低い自分はよーくこういう状況に遭遇します。

 

解決策?あったら教えてください。以下までお願いします(笑)

 

で、本題に戻ると、

 

 

 

この状況で、自分の心の中はといえば、こんなこと「ブツブツ」言ってるんです。

 

 

 

建設現場の一コマ。僕はこんなことブツブツ言ってます

 

 

 

「あーーーーーーーーーーーーー!もうちょい身長高けりゃな、、、、、、、、」

って、最悪なことに、その矛先を一瞬でも両親に向けてしまった。

 

「もうちょい身長高く産んでくれたらな」とか「両親も身長低いしな」とか。

 

これって、「完全思考停止」に加え「最低最悪な自分を社会に露呈はしないけど肯定せざるを得ない状態。

 

だって、「どうすれば改善できるか」とか考える前に、全く関係のない人に対して、文句を言ってるですもん。

 

 

 

反省しました。「人間の底」から。その過程で、
心の中で申し訳ないけど、「両親への感謝の気持ち」も伝えた。

 

 

 

建設現場の一コマ。心の中の「ありがと」

 

 

 

さすがに、建設現場のど真ん中で「おふくろーーーーーありがとうーーー!」とか叫ぶわけにはいかず、指先とつま先に狂気神経集中だった自分は、口を動かす余裕もなく、口ずさむこともできず、心の中で言った。

 

 

「ありがとう、産んでくれて、、、、、、、、、、、おふくろ」

注釈:父ちゃんもだぞ!

 

 

もうすぐ3月も終わり、4月に。5月には一度実家戻ろうかな。

 

そのときには、普段よりウマいもの買っていこう。

 

 

 

 

 

株式会社吉川組の現場で働く一人の職人より

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。日本一の鳶職人を育てる、未経験からでも鳶職人になれる 鳶の求人ならトビコン

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

首都圏で一番職人の待遇が良い求人 横浜の鳶職人全員に向ける。横浜の鳶職求人情報掲載

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

未経験者の鳶転職も大歓迎

だれでも最初は未経験です。一歩一歩、一流の鳶職人へ向かいましょう。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に他の業者さん用に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体も担当します。高くて危険な場所でも、鳶職人が最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、鳶職がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張るリーダーとされる存在なのです。

鳶職の仕事は”第一に安全”が優先される。

確かに高い所で作業をするが、安全を確保してから、作業をするという一連の流れが確立されている。毎朝の朝礼を始め、徹底した安全管理を行っている為、落下事故や、現場での事故はほとんどおこらない(非常に少ない) 鳶職ほど安全に気を使う職業はないだろう。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職(現場)の先輩方には厳しい方もいるでしょう。厳しくするのは、あなたの安全を守る為ですので、愛しい気持ちで、対処してください。イコールかは解りませんが、厳しい先輩程、あなたの事を大事に考えてくれているのかも知れません。