鳶求人、鳶横浜、鳶横浜求人、鳶転職、鳶仕事、鳶職、鳶職人、建設、とび、鳶、とび職、鳶職 鳶に関する総合情報発信サイトトビコン

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。鳶工事・鉄骨・足場工事のスペシャリストいつでも募集中

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

横浜で鳶職求人を探すならトビコン 横浜で一番の鳶職求人 横浜鳶職求人ならトビコン

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

鳶職人の求人ならトビコン 鳶の転職サポートも協力会社と提携し、鳶職人転職希望者にとってより良い条件で随時募集しております。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、「とび職」がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

鳶職 鳶職の一般的なイメージとは

鳶職のイメージは高い所で作業をする仕事であったり、命を落とす危険のある仕事といったイメージがあるのではないでしょうか。 上記の様なイメージばかりが先行してしまい、実際はどのような仕事をしてるのかは、ほとんど知られていません。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職人とは建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。鳶職人は必ず見習いから始まります。

脚立による災害防止は重要だが、基本を押さえないとダメ!

基本中の基本ではありますが、「脚立」や「移動はしご」「うま」等を用いた作業で、年間どれほどの事故件数があるかご存知でしょうか?
高所作業において、「墜落・転落」の事故は、平成24年度では14件、平成25年度では12件が発生しています。(関東)年々少なくはなっているとはいえ、死亡事故も報告されています。

 

 

作業の基本をおさらいしましょう!

 

 

①開き止めは確実に取り付ける

 

基本中の基本ですが、忙しく忘れてしまう方が多いようです。忙しいからしなくていいではなく、確実に両方止めましょう!

 

②設置場所は平坦な場所で、尚且つ水平に

 

作業場所によっては、不安定な場所や狭い場所等、脚立の設置が困難な場合も多々あるかと思います。その様な場所では、それぞれにあった物を使用しましょう!

 

③天板作業はNG

 

天板に乗っての作業は非常に危険です。バランスを崩し転倒・転落しやすい一番悪い例です。

 

④荷物を持って昇降しない

 

工具や部材等を持ったまま、昇降するとどうしても片手になってしまいます。ですがこれは少しバランスを崩すと、片手でバランスを取ろうとするので、脚立にも変な力が加わり、脚立ごと転落する事故が発生しております。なるべく両手が空いている状態が望ましいでしょう。

 

⑤脚立に向かって前向きで昇降する

 

皆さんも経験はありませんか?脚立が自分の後ろ(お尻が脚立側)で昇降した経験です。実はこれも事故につながりやすいです。バランスを崩す、3段目から飛び降りて足を挫く等、単純事故が多いですが、十分に気を付けましょう。

 

⑥不安定な姿勢での作業禁止

 

状況によっては「頑張ればギリギリ手が届く」「身体を捻れば何とか」等、その方が早い状況は多々あるかと思います。ですがその、少しのムリが事故につながり、結果現場が止まってしまったり、周りに迷惑を掛ける状況になりかねません。面倒でも、脚立を変えたり、場所を移動するなど、確実な作業を心がけましょう!

 

⑦脚立上での重量物の取り扱いや反力の大きい作業はしない

 

脚立上で重い物を無理に取ったり、バール等を使用した作業は反力が強く、非常に危険です。転倒・転落の危険性が高いので、足場を組むなり、うまに変えるなり作業場所を確保しましょう。

 

最後に

 

まだまだ注意する点は沢山あるかと思います。
企業によっては脚立の仕様を禁止する等の措置をとっている事もあるようです。それほど危険だ(事故が多い)と言う証拠ですね。
気軽に使えるからこそ、意識が散漫になりがちですが、これを機に見直してみてください。

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。日本一の鳶職人を育てる、未経験からでも鳶職人になれる 鳶の求人ならトビコン

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

首都圏で一番職人の待遇が良い求人 横浜の鳶職人全員に向ける。横浜の鳶職求人情報掲載

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

未経験者の鳶転職も大歓迎

だれでも最初は未経験です。一歩一歩、一流の鳶職人へ向かいましょう。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に他の業者さん用に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体も担当します。高くて危険な場所でも、鳶職人が最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、鳶職がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張るリーダーとされる存在なのです。

鳶職の仕事は”第一に安全”が優先される。

確かに高い所で作業をするが、安全を確保してから、作業をするという一連の流れが確立されている。毎朝の朝礼を始め、徹底した安全管理を行っている為、落下事故や、現場での事故はほとんどおこらない(非常に少ない) 鳶職ほど安全に気を使う職業はないだろう。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職(現場)の先輩方には厳しい方もいるでしょう。厳しくするのは、あなたの安全を守る為ですので、愛しい気持ちで、対処してください。イコールかは解りませんが、厳しい先輩程、あなたの事を大事に考えてくれているのかも知れません。