鳶求人、鳶横浜、鳶横浜求人、鳶転職、鳶仕事、鳶職、鳶職人、建設、とび、鳶、とび職、鳶職 鳶に関する総合情報発信サイトトビコン

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。鳶工事・鉄骨・足場工事のスペシャリストいつでも募集中

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

横浜で鳶職求人を探すならトビコン 横浜で一番の鳶職求人 横浜鳶職求人ならトビコン

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

鳶職人の求人ならトビコン 鳶の転職サポートも協力会社と提携し、鳶職人転職希望者にとってより良い条件で随時募集しております。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、「とび職」がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

鳶職 鳶職の一般的なイメージとは

鳶職のイメージは高い所で作業をする仕事であったり、命を落とす危険のある仕事といったイメージがあるのではないでしょうか。 上記の様なイメージばかりが先行してしまい、実際はどのような仕事をしてるのかは、ほとんど知られていません。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職人とは建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。鳶職人は必ず見習いから始まります。

玉掛けについて

玉掛けは有資格作業なので、特別教育もしくは技能講習を修了したものでなければ、行うことはできません。玉掛け作業の安全に係るガイドラインと言うものが労働省により策定もされましたが、知っていますでしょうか?

しかし、有資格者でも、明確にこうしなければならないと言う法律がある訳ではなく、資格者の裁量に任される所が大きいみたいです。
残念ながら、クレーン作業における災害は玉掛け作業が要因で発生していることが多く、ここ数年減少傾向にありますが依然として高い比率を占めています。

主な事故原因は玉掛用具の不良、玉掛け方法の不良、合図の不良及び安全確認不足等が挙げられます。皆様はどのように安全に対し、目を向けられていますでしょうか?

安全は繰り返し作業に関する基本事項を再度確認することからはじまり、それにより災害となる要因をできる限り減らし、安全作業を行うことが災害防止につながります。と言われております。
要するに、確認は何度も!安全に関して、作業を削るなと言う事です。

それには定期的な教育を行うことが必要かつ大切なことです。

皆さんの職場で、過去に起きた玉掛け作業による災害及び危険事例の原因を分析し、さらには、他の職場での災害事例等を広範囲にわたって共有などしていますでしょうか?

下記には玉掛け作業における基本を記載しております。

①玉掛け方法について
玉掛けの方法としては、フックに掛ける方法、つり荷に掛ける方法、専用の玉掛用具で玉掛けする方法等がありますが、つり荷の質量や形状、数量や作業内容等に合わせて、最も安全で能率の良い方法を選ぶことが大切です。

※1本つりは荷が回転する危険があり、また回転によってワイヤロープの強度が下がるので止めましょう。
※小物類は出来るだけまとめ専用の容器に入れましょう。
※滑り易いもの、脱落し易いものをつる時はコンテナ等を使用するか、脱落防止金具等を使用しましょう。
※鋼板をつる場合は、異なるサイズを同時につらない様にしましょう。
※長物をつる場合は、曲がる物、曲がらない物、長さを混在させず、それぞれでつりましょう。

②巻上げ時の注意点
荷を巻上げる際には、ロープが張った時点で一時停止。つり荷が20cm上がった状態で一時停止。2m以上上がった状態で移動を開始しましょう。

※長尺物には介添えロープを取り付けること。
※玉掛け状態が良好かどうか、確認しながらロープが張るまでは微速で巻上げを行うこと。
※床上10~20cmで一旦停止し、つり荷の安定を確認すること。また、原則としてつり荷の高さの1.5倍以上の距離まで離れておくこと。
※巻上げはつり荷が他の障害物に接触しないか等に注意し、つり荷の高さは、原則として2mのところまで巻上げる。
※絶対につり荷の下には入りこまない事!

③荷の質量目測について
質量目測や重心の見極めは、経験や勘が大部分を占める作業であり、判断を誤ると作業の能率低下、重大な災害を引き起こす原因となります。経験が豊富な人でも質量目測は難しいので、不明な場合は関係者に確認したり、試算する等の事前準備が必要です。

※質量の目測は大目に見積もる事(+20%程度)

④特に気を付ける点は
つり荷のつり始めと、配置、設置時には十分に気を付けましょう。
一点で止めていた、フックが外れ、足が下敷きなったなど、よく聞く事故ですが、発生件数は減ったとはいえ、なくなりません。ここが一番のポイントではないでしょうか。

この記事が、少しでも見直すキッカケになれば幸いです。

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。日本一の鳶職人を育てる、未経験からでも鳶職人になれる 鳶の求人ならトビコン

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

首都圏で一番職人の待遇が良い求人 横浜の鳶職人全員に向ける。横浜の鳶職求人情報掲載

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

未経験者の鳶転職も大歓迎

だれでも最初は未経験です。一歩一歩、一流の鳶職人へ向かいましょう。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に他の業者さん用に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体も担当します。高くて危険な場所でも、鳶職人が最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、鳶職がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張るリーダーとされる存在なのです。

鳶職の仕事は”第一に安全”が優先される。

確かに高い所で作業をするが、安全を確保してから、作業をするという一連の流れが確立されている。毎朝の朝礼を始め、徹底した安全管理を行っている為、落下事故や、現場での事故はほとんどおこらない(非常に少ない) 鳶職ほど安全に気を使う職業はないだろう。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職(現場)の先輩方には厳しい方もいるでしょう。厳しくするのは、あなたの安全を守る為ですので、愛しい気持ちで、対処してください。イコールかは解りませんが、厳しい先輩程、あなたの事を大事に考えてくれているのかも知れません。