鳶求人、鳶横浜、鳶横浜求人、鳶転職、鳶仕事、鳶職、鳶職人、建設、とび、鳶、とび職、鳶職 鳶に関する総合情報発信サイトトビコン

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。鳶工事・鉄骨・足場工事のスペシャリストいつでも募集中

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

横浜で鳶職求人を探すならトビコン 横浜で一番の鳶職求人 横浜鳶職求人ならトビコン

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

鳶職人の求人ならトビコン 鳶の転職サポートも協力会社と提携し、鳶職人転職希望者にとってより良い条件で随時募集しております。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、「とび職」がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

鳶職 鳶職の一般的なイメージとは

鳶職のイメージは高い所で作業をする仕事であったり、命を落とす危険のある仕事といったイメージがあるのではないでしょうか。 上記の様なイメージばかりが先行してしまい、実際はどのような仕事をしてるのかは、ほとんど知られていません。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職人とは建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。鳶職人は必ず見習いから始まります。

鳶職にも種類が!”足場”、”鉄骨”、”重量”について解説!

鳶職と聞いて、皆さんが一番わかりやすいイメージは、「建築現場での高所作業従事者」だと思います。確かに高い所で作業している職人はほとんどが鳶職の方々です。

 
*鳶職人についての基本的な解説は
鳶(とび)職とはどんな仕事なのか」をご覧ください。
 

ですが、実際には、地業と呼ばれる地ならし、基礎工事、足場の組み立て、解体など、色々な作業を担当する場合があります。 また、同じ鳶職でも従事する作業内容において数種類に分ける事ができます。 ここではそれを紹介いたします。(※建設における鳶職を主に説明いたします。)

 

 

足場鳶

 

 

建築・建設現場では規模が大きいものほど高さ・深さが大きくなり、それに伴い、作業用の足場の設置が必要となります。足場を組む鳶職を、主に「足場鳶」と呼びます。

おそらく一般的に「鳶」として募集されている業種は「足場鳶」が多いのではないかと思います。単に足場を組むだけではなく、長年の経験や知識で現場に最適な足場を組む事が重要となります。

現場の安全や、作業者への負担軽減など、色々な要素が絡む足場工事は、経験がものを言う職種ですので、足場専門の会社も存在します。

 
鳶職に関連するFAQに”足場鳶”に関するものも多くあります。
是非きになる方はご覧ください。
 

 

鉄骨鳶

 

 

鉄骨を専門に扱う鳶職の事を「鉄骨鳶」と言います。

ビル建築など、鉄骨が使用される建築物の建築現場では高位に位置する職種です。

足場の組み立てなども行う事がありますが、足場のない高所での作業なども行います。

高層ビルの建設現場で巨大なクレーンで吊り上げられている鉄の柱など見かける事があるかと思います。

主にそういった鉄の柱や梁などをクレーンで吊り上げる準備をする地走りと、吊り上げた鉄骨を所定の位置にボルトなどで固定する取り付けという2つの班に分かれ作業を行います。その専門知識から、高所への資材の搬入なども担当する場合があります。

 
鉄骨鳶職の仕事にご興味がある方は、
鉄骨鳶のミッション”鉄骨建方作業”について」で解説しています。是非ご覧ください。
 

 

重量鳶

 

 

大型機械や、空調設備のような、色々な重量物の設置・解体などを行う鳶職を「重量鳶」と言います。

かなり専門的な知識が必要で、設置する物によっては配管や電気工事なども行う場合があります。

建物内部の設備としての機器ですので、50t以上、大きいものでは1,000tにもなります。それだけ大きな機器の設置をミリ単位で行う精度も必要です。

ベテランの重量鳶による仕事は、誰が見ても圧巻です。その他にも解体専門の鳶、重量物の搬送のみを行う曳き屋、変わったところでは送電線の工事を行う事ができる専門知識を持った送電鳶などの職種もあります。

求人されている「鳶職」のほとんどは「足場鳶」「鉄骨鳶」です。目指す職種によっても若干変わりますが、初心者はまず地走りと呼ばれる地上で行う作業の補助や、材料の搬入・搬出の手伝いなどから仕事をする事となります。

経験年数や、資格などで、給料や役職が変わります。最初はきつい思いをするかもしれませんが、ぜひ向上心を持って、何よりもケガのない様、頑張ってください。

 

 

最後に

 

 

返事や挨拶、質問や報告など基本的なことさえ心がけていれば、先輩たちもきっと力になってくれます。

一緒に「現場の華」鳶職人の道を歩んでいきましょう。

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。日本一の鳶職人を育てる、未経験からでも鳶職人になれる 鳶の求人ならトビコン

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

首都圏で一番職人の待遇が良い求人 横浜の鳶職人全員に向ける。横浜の鳶職求人情報掲載

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

未経験者の鳶転職も大歓迎

だれでも最初は未経験です。一歩一歩、一流の鳶職人へ向かいましょう。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に他の業者さん用に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体も担当します。高くて危険な場所でも、鳶職人が最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、鳶職がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張るリーダーとされる存在なのです。

鳶職の仕事は”第一に安全”が優先される。

確かに高い所で作業をするが、安全を確保してから、作業をするという一連の流れが確立されている。毎朝の朝礼を始め、徹底した安全管理を行っている為、落下事故や、現場での事故はほとんどおこらない(非常に少ない) 鳶職ほど安全に気を使う職業はないだろう。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職(現場)の先輩方には厳しい方もいるでしょう。厳しくするのは、あなたの安全を守る為ですので、愛しい気持ちで、対処してください。イコールかは解りませんが、厳しい先輩程、あなたの事を大事に考えてくれているのかも知れません。