鳶求人、鳶横浜、鳶横浜求人、鳶転職、鳶仕事、鳶職、鳶職人、建設、とび、鳶、とび職、鳶職 鳶に関する総合情報発信サイトトビコン

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。鳶工事・鉄骨・足場工事のスペシャリストいつでも募集中

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

横浜で鳶職求人を探すならトビコン 横浜で一番の鳶職求人 横浜鳶職求人ならトビコン

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

鳶職人の求人ならトビコン 鳶の転職サポートも協力会社と提携し、鳶職人転職希望者にとってより良い条件で随時募集しております。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。次に、建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体もします。そして、高くて危険な場所にも「鳶職」が一番最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、「とび職」がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張っていくリーダーで尊敬される存在なのです。

鳶職 鳶職の一般的なイメージとは

鳶職のイメージは高い所で作業をする仕事であったり、命を落とす危険のある仕事といったイメージがあるのではないでしょうか。 上記の様なイメージばかりが先行してしまい、実際はどのような仕事をしてるのかは、ほとんど知られていません。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職人とは建設現場の作業員の中でも、高所での作業を中心に行う仕事です。危険が伴う仕事であるため、強い集中力と経験、技術が求められます。鳶職人は必ず見習いから始まります。

建設職人[土工/鳶職]の心得30ヶ条

土工、鳶職人の世界で大切なのは「技術」です。確かにそうです。

しかし、建設の現場は一人で行うものではありません(それがまた面白かったりします)
マネジメント✖️技術✖️チームワークなのです。

人間性を常に、見つめ、改め、磨きをかけることで一つ職人としての階段を昇ることができます。
是非、戒めのため、チェックしてみてください。

 

建設職人たるものの心得30ヶ条 

 

 

建設職人[土工,鳶職人]の心得30ヶ条

 

 

1・あいさつの出来た人から現場に行ける

 

 

あいさつはコミュニケーションの第一歩です。また、人との信頼関係を築く上で大切です。

 

 

2・連絡/報告/相談の出来た人から現場に行ける

 

 

常に連絡・報告することで、指示を出した方に安心していただき、
何かあった時にすぐに対処を取ることができます。

 

 

3・明るい人から現場に行ける

 

 

明るい職人さんの周りにはお客様が集まり、お仕事がいただけます。

 

 

4・周りをイライラさせない人から現場に行ける

 

 

お仕事は、チームプレイです。集団行動の中で人をイライラ
させないために周りに合わせ、協調性のある行動を取ることが大切です。

 

 

5・人の言う事を正確に聞ける人から現場に行ける

 

 

指示された内容を正確に理解し、素直に行動に移すことが大切です。

 

 

6・愛想よく出来る人から現場に行ける

 

 

いつも愛想よくしていると、周りの方々に気持ち良くお仕事をしていただけます。

 

 

7・責任を持てる人から現場に行ける

 

 

仕事に失敗は許されません。常に緊張感を持ち、最後までやり抜くことが大切です。

 

 

8・返事をきっちり出来る人から現場に行ける

 

 

分かっているのか、いないのか、意思表示をすることで仕事のミスをなくします。

 

 

9・思いやりがある人から現場に行ける

 

 

常に相手のことを自分のように考え、行動することが大切です。

 

 

10・おせっかいな人から現場に行ける

 

 

11・しつこい人から現場に行ける

 

 

人間の限界を決めず、技術も人間性もとことん追求していくことが大切です。

 

 

12・時間を気に出来る人から現場に行ける

 

 

時間はお金よりも大切なものだと言われます。もたもたしている人は一流の職人にはなれません。
また、時間を守ることは人から信頼していただけます。

 

 

13・道具の整備がいつもされてる人から現場に行ける

 

 

道具を整備していることで、すぐに仕事にとりかかることができます。
また、道具は実家からの仕送りで買わせていただいています。整備をすることで感謝の気持ちを表します。

 

 

14・おそうじ、かたづけの上手な人から現場に行ける

 

 

おそうじ、かたづけは仕事の最後の仕上げであり、 次の仕事への段取りになるので大切です。

 

 

15・今の自分の立場が明確な人から現場に行ける

 

 

今の自分の立場をわきまえることで、常に謙虚でいられます。

 

 

16・前向きに事を考えられる人から現場に行ける

 

後ろ向きに考えても前に進めません。これからどうなりたいのか、
また、そのためにはどうすべきかを考え、成長し続ける事が大切です。

 

 

17・感謝の出来る人から現場に行ける

 

 

人は一人では生きていけません。常に周りの人に支えていただいていることに感謝し、
その感謝を行動に移すことが大切です。

 

 

18・身だしなみの出来てる人から現場に行ける

 

 

建設現場の朝礼の目的は?

 

 

身だしなみは社会人としての最低限のマナーであり、また、気持ちよく安全に作業するために大切です。

 

 

19・お手伝いの出来る人から現場に行ける

 

 

周りをよく見て、人が何をして欲しいのか察知して動けることが大切です。

 

 

20・自己紹介が出来る人から現場に行ける

 

 

21.自慢の出来る人から現場に行ける

 

 

お客様のために、どのようなものを、どんな工夫をして作ったのか説明できることが大切です。

 

 

22.意見が言える人から現場に行かせてもらえます。

 

 

意見を出し合うことで、素早く良い物を作ることができます。

 

 

23.お手紙をこまめに出せる人から現場に行ける

 

 

親には近況報告をし、お礼状をこまめに書くことで感謝の気持ちを伝えることができます。

 

 

24.トイレそうじが出来る人から現場に行ける

 

 

一番よく汚れる場所を磨くことで、自分の心も磨かれます。

 

 

25.道具を上手に使える人から現場に行ける

 

 

エレベーター解体を楽しむ鳶職

 

 

道具を自分の手足のように使えることで、お客様に感動していただける物を作ることができます。

 

 

26.電話を上手にかける事が出来る人から現場に行ける

 

 

相手の顔が見えない分、簡潔に分かりやすく伝えることが大切です。

 

 

27.食べるのが早い人から現場に行ける

 

食べることにも段取りが必要です。何事も集中して、おいしくいただく癖を付けることで
仕事のスピードが上がります。

 

 

28.お金を大事に使える人から現場に行ける

 

 

お金の生まれる過程を正確に理解し、感謝して使うことが大切です。

 

 

29.計算の出来る人から現場に行ける

 

 

頭の回転や、計算を早くすることで仕事の効率が上がります。

 

 

30.分からない事などメモする人から現場に行ける

 

 

その日学んだことを頭の中で製整理し、分かりやすく書こうとする
ことでもう一度身に付き、日々自分を高めることができます。

 

 

最後に

 

 

いかがでしたか?全部備わってるわ!って方はスゴいですけど、人間ってのは完璧じゃあありません。

 

 

自分に欠けているところがあれば、それを改善し行動する、これが大事です。

 

 

建設現場での就職を目指す方、既に活躍している方々の参考になればうれしいです。

鳶求人 鳶職(とび職)の求人を行っております。

鳶職(とび職)の求人。日本一の鳶職人を育てる、未経験からでも鳶職人になれる 鳶の求人ならトビコン

鳶横浜 横浜で鳶職求人を探すならトビコン

首都圏で一番職人の待遇が良い求人 横浜の鳶職人全員に向ける。横浜の鳶職求人情報掲載

鳶転職 鳶職人の求人ならトビコン

未経験者の鳶転職も大歓迎

だれでも最初は未経験です。一歩一歩、一流の鳶職人へ向かいましょう。

鳶仕事 鳶のお仕事

工事現場では、鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われます。どの職種よりも先に工事現場に入り、現場の囲いを組みます。建物の基礎となる鉄骨を建てたり、建物の外周に他の業者さん用に足場を組みます。大型現場になると、タワークレーンを組み立てたり、解体も担当します。高くて危険な場所でも、鳶職人が最初に乗り込み、他の職人が安全に作業できる為の足場を組みます。そのため、鳶職がいないと仕事がはじまらないことから鳶職に始まり、鳶職に終わる。と言われる程です。工事現場では一目置かれる存在であり、現場を引っ張るリーダーとされる存在なのです。

鳶職の仕事は”第一に安全”が優先される。

確かに高い所で作業をするが、安全を確保してから、作業をするという一連の流れが確立されている。毎朝の朝礼を始め、徹底した安全管理を行っている為、落下事故や、現場での事故はほとんどおこらない(非常に少ない) 鳶職ほど安全に気を使う職業はないだろう。

鳶職人 一流の鳶職人になる為

鳶職(現場)の先輩方には厳しい方もいるでしょう。厳しくするのは、あなたの安全を守る為ですので、愛しい気持ちで、対処してください。イコールかは解りませんが、厳しい先輩程、あなたの事を大事に考えてくれているのかも知れません。